So-net無料ブログ作成
電気自動車情報

痛風を自宅で改善する方法 [痛風を自宅で改善する方法]


もしも、あなたが

「痛風でも、お酒は我慢できない」
「痛風でも、好きなものを食べたい」
「もう、あの痛風の恐ろしいほどの激痛は二度と体験したくない」

と悩み、大きなストレスを感じているのなら、
是非"痛風改善プログラム"を試してください。

7回の痛風発作の後、痛風患者50人以上にインタビューをし、
試行錯誤の末に、“ある法則”を見付け出し、ついに発見した

お酒・食事を我慢せず、尿酸値を正常に戻し、
痛風の発作が起きないように改善をする方法

をお教えいたします。

実は、現在、痛風に悩まれている方のうち、ほとんどの方は、
お酒を我慢しなくて良いですし、好きなものを食べても大丈夫です!

痛風の原因や、またその人の体質も人それぞれなのに、
世間一般の痛風の情報に振り回されていては、痛風の改善は難しいです。

しかも、下手をすると、さらに悪化してしまうなどという、
笑えない事態になってしまいます。

痛風で本当に怖いのは、あの恐ろしい激痛でありません!
痛風患者の多くがあまり深刻に考えていないかもしれませんが、
痛風は、放置して進行していくと、腎臓に重大な障害が起きてしまいます。

また、最悪は、命にかかわる事態になり、運が良く一命は取り留めても、
後遺症が残るような重大な症状を引き起こします。

一般的な方法ではなく、あなたにあった方法を見つけることが大切です!

簡単に出来る“ある生活のルール”さえ守れば、自宅で痛風を改善することは可能です。

しかも、痛風の痛みの恐怖からも解放されます。
また、痛風が進行してしまった後の最悪の事態も回避することも可能になります。

痛風を改善するのに、難しいことは何もありません。
痛風の改善は3つのステップを実行するだけなのです!

  1.痛風になるメカニズムをきちんと知る。

  2.なぜ、お酒を飲んでも、好きなものを食べても
    痛風が改善するのか理解する。    

  3.痛風改善プログラムできちんと管理しながら、
    お酒や食べたいものをガマンしないで楽しく過ごす。
   

あなたも、毎日、美味しくお酒を飲みながら、
食べたいものを食べならが、痛風を改善させませんか?


体質改善の専門家の先生も推薦の
ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!


⇒ 痛風を自宅で改善する方法



共通テーマ:健康

痛風の症状 [痛風を自宅で改善する方法]


痛風になると、どのような症状が起きるのでしょうか?

痛風の症状は、大きく分けて3つあります。

  ・関節の痛み
  ・腎臓機能の低下
  ・合併症

痛風になると、関節を中心に激しい痛みを伴います。
特に、足の親指の付け根、足関節、足の甲に痛みを伴うことが多いです。

初期症状であれば、そのまま放置しておいても、
3日程度で痛みが消えていきます。

痛風になると、腎臓機能が低下してしまい、腎不全になる恐れもあります。
腎不全は日常生活を脅かす恐ろしい病気なので、注意しないといけません。

痛風が進行すると、以下のようなことが起きます。

  ・発作の繰り返し
  ・炎症部分の腫れ
  ・痛風結節
  ・高尿酸血症
  ・合併症

治療を行わない限り、発作を繰り返し、その都度、激しい痛みを感じないといけませんし、
炎症部分が真っ赤に腫れてしまい、大変なことになります。

また、痛風をそのまま放置すると、痛風結節という大きなコブが
足や手の指の関節にできてしまうことがあります。

それに、高尿酸血症が改善されないので、
腎臓の機能が低下する可能性が高いです。

腎機能が低下してしまうと、体のあちこちに異変が出てしまいますから、
注意しないといけません。

そして、尿酸値が高い状態が続くことによって、
高血圧、動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞、尿路結石、糖尿病、腎障害
といった合併症を引き起こす可能性があります。

いずれも生活に支障を与えたり、
命に関わる病気ばかりなので十分に気をつけてください。

痛風発作の激しい痛みがない状態を「治った」と捉える人たちもいるようですが、
痛みがないだけで痛風は治ってはいません。

食事と軽い運動で、
しっかりと尿酸値を抑えるようにすることが大切です。

一時的に抑えるのではなく、継続するのはとても難しいことなのですが、
そうしなければ、いずれまた痛風発作が起きてしまうでしょう。

痛風の治療では、尿酸降下薬を服用するようになりますが、
症状が良くなったからといって勝手に止めてしまえば、また元に戻ってしまいます。

痛風になってしまったから、この生活がずっと続くのかとネガティブに考えてはいけません。

毎日健康的な生活を送り、楽しく過ごせるのだというように、
気持ちの変換をするようにしましょう。


体質改善の専門家の先生も推薦の
ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!


⇒ 痛風を自宅で改善する方法



共通テーマ:健康

痛風の原因 [痛風を自宅で改善する方法]

痛風が起きる主な原因は、大きく分けて6つあります。

  ・アルコールの飲みすぎ
  ・食生活の欧米化
  ・激しい運動
  ・ストレス
  ・薬の影響
  ・病気

アルコールは尿酸値を上昇させやすい飲み物なので、
飲みすぎると痛風の原因になると言われています。

それに、食生活が欧米化したことによって、我が国でも肥満が増加し、
高尿酸血症の方が増えているのです。

激しい運動をすると汗をかくので、
体内の水分が失われ、血液の濃度が濃くなります。

濃度が濃くなると尿酸値が上昇してしまいますから、
運動中は水分をこまめに摂取してください。

ストレスを感じやすい人は、痛風になりやすいといわれているので、
ストレスを蓄積させるのは良くありません。

薬の中には尿酸値を上げてしまう作用があるものも存在するため、
気をつけないといけませんし、

腎機能に疾患を抱えていたり、血液の病気になると尿酸値が高くなり、
痛風を引き起こす可能性もあります。

痛風が起きる原因はいくつもありますが、
生活習慣を見直すだけで、かなりの確率で痛風を予防できるでしょう。


体質改善の専門家の先生も推薦の
ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!


⇒ 痛風を自宅で改善する方法


痛風の激痛を引き起こすプリン体 [痛風を自宅で改善する方法]


医者が、痛風患者に「お酒を断って下さい」という理由は、単純です。
お酒には痛風の激痛を引き起こすプリン体が含まれているからです。

しかし、ここに驚愕の事実があります。
下記の表は、食品とアルコールのプリン体の含有量(mg/100g)の比較表です。


痛風の原因

痛風の原因


痛風の原因
痛風の原因

おそらく、驚かれたのではないかと思います。

アルコールは、最もプリン体が少ない食品に入るのです!
実は、痛風の敵は、お酒ではないのです!


しかも、食品でもプリン体が多いものは、ごく一部なんです!
この事実すら、多くの方が知らないのです。

ともて残念なことに、痛風で悩んでいる、ほとんどの方が、
痛風に関する情報を間違って伝えられているのです。

お酒を断つだけでは、痛風の痛みから逃れることは、出来ません!
また、食生活を改善するだけでは、痛風が進行してしまった後の、
命にかかわる“とんでもない事態”を回避することはできません!


体質改善の専門家の先生も推薦の
ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!


⇒ 痛風を自宅で改善する方法


痛風の痛みが起こった時の対処法 [痛風を自宅で改善する方法]

痛風は、高尿酸血症が原因の関節炎です。
名前の由来は、風が吹いても痛いという意味からつけられました。

痛風の原因は、尿酸が体内に蓄積すると結晶化して関節に出てきて発作を誘発します。

症状は関節に発赤や発熱を伴う激烈な痛みが起こります。
痛風の初期症状は足の痛みから起こることが多いです。

発作を起こす度に症状は悪化し、発作の痛みは骨折の痛みよりひどい痛みです。

痛風の発作は、夜中から明け方にかけて起こる事が多く、発作は突然やってきます。

痛風の発作の前兆は、幹部がビリビリするような違和感からはじまります。
痛さが激しくなります。


■痛風の発作の対処法

痛風の発作が起こった時の対処方は、とにかく患部を冷やす事です。
氷や水、湿布などでとにかく患部を冷やす事が大切です。

そして幹部を心臓の位置より高くしましょう。
心臓より高くすることによって、静脈のうっ血を防ぎ痛さを和らげることができます。

動くと症状が悪化するので、極力安静にするようにします。

痛風の発作は、本格的になる前の前兆の段階で、薬を飲むことが重要です。
激痛になってからでは効果がないのです。

薬で有効なのは、コルヒチンです。

普段から尿酸値を下げる薬を飲んでいる人は、
発作の時に尿酸値を下げる薬を多めに飲もうとしてはいけません。

処方された量より多く飲んでしまうと、
症状が悪化したり副作用が出ることがあるからです。

尿酸値を下げる薬を飲んだことのない人は、
発作時には飲まず、まず抗炎症剤で発作を和らげて下さい。

1~2週間後に発作が落ち着いてから、尿酸値を下げる薬を飲み始めるようにします。
また発作時にアルコールを飲む事は、症状を悪化させるため厳禁です。

痛風を悪化させない為に普段からの食生活にも気を配らなければなりません。
尿酸値が上がらないように、カロリーを控えた食事を心がけましょう。

またプリン体が多く含まれる食べ物は控えるようにします。


■食生活の見直しで尿酸値の改善をはかる

食生活の乱れから肥満傾向になっていたり、
お酒を飲み過ぎて尿酸値の急な増加を招くような生活を送っていると、
いつ痛風の発作に見舞われても不思議ではありません。

お仕事などで忙しく、なかなか運動やお酒を控えるが難しい方は、
まず食生活を改善してみてはいかがでしょうか?


体質改善の専門家の先生も推薦の
ビールを飲みながら痛風の症状を自宅で改善するための方法!


⇒ 痛風を自宅で改善する方法



共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。